管理栄養士のはしくれ

管理栄養士やってますが、こんなもんです

親知らず抜歯 変わったかも

先日親知らず抜いたと書きました

これで下の親知らずは全部なくなりました

なんか口の中の噛み合わせというか、噛んだ時の感覚が変わった気がします

歯医者さんは気のせいだっていうんですけどね、噛み合わせに影響していない歯だからっていうんですけど 

本人からすればなんとなく感じが違うんです

親知らずの頭は歯茎からちょっとしか出ていなかったんですが、噛んだ時には上に当たっている感じがしてました

それで噛む力が奥歯の方にもかかっている感じでした

でも親知らず抜いたら噛んだ時には奥歯同士が噛み合わなくなりました

前歯のみに重心がかかっているという感覚です

そのせいかどうなのか、前まであった首の張りがなくなりました

肩こりも幾分楽になった気はします

気のせいかもしれませんが

 

あとは小顔になったとまではいいきれないんですが、ずっと気になっていたエラあたりにあるしこりのような筋肉の塊?が小さくなりました

前は気になってお風呂の時にマッサージしたりしてたんですけどね、あんまり意味なかったです

親知らずが関係していたとは思いませんでした

 

あぁもうちょっと若い時に抜いとけばよかった

意味の見出せない仕事

昔新しい職場で引き継ぎの際にあったことです

毎日納品されたものを食品分類別にノートに書き出して、というものでした

緑黄色野菜とか魚とか

全部書かないといけないんです

これなんの意味あるんですか?って聞いても昔から先輩達が続けてきた仕事に文句言うなと言われ

食品群別の栄養価出さないといけないって言うのなら分かりますが、それは献立ソフトがやってくれます

それよりも、商品名と単価と数量と合計をわざわざ手書きでノートに分けて書き出さないといけない意味が見出せませんでした今だに分かりません

まぁ意味があるにしたってそんなのエクセルで全部入力して分類別に分かれるようにすればいいだけのことかと

そう提案しても今までやってきた仕事を崩すようなことはしないでと言われる

栄養士という仕事は意外と保守的です

なのに、、毎日残業で大変大変といってるってよくわからんなと思ってました

 

まぁ若い栄養士になるとパソコンに慣れているからそんなことないのかもしれませんが

 

自分がやってるダイエット方法その2

食べ物は前記の通りです

 

やはり食べているだけではダメです

運動も必要です

といっても運動は嫌いです

なので継続できることが大事ではないかと思います

自分はユーチューブのエクササイズ動画見ながら10分だけ毎日運動します寝る前に

朝は仕事の前にユーチューブ見ながらラジオ体操します毎日

これだけです

これくらいなら自分は継続できるみたいです

継続は力なりです

 あーあとは休みの日はショッピングですね、余裕で一万歩は歩いてます、意外と運動になってます

 

まぁこんな感じで一年で5キロ痩せました

それ以上に腹囲が10センチ減りました、これがすごいと思いますくびれたし

大したことないかもですが、急激なダイエットは体に良くないです

タダ同然の減量方法なので、なんとかコミットとかいりません

 

前にも書きましたが、太った栄養士はどうかと思います

栄養士たるもの、スタイルよく美貌を保つべきです

頭でっかちな知識があっても説得力がないんです

 

 

自分がやってるダイエット方法

前にも似たのを書いたっけな

 

まず食事ですが、これは本業なので毎日バランスよく食べてます

もともと炭水化物が好きではないので炭水化物は少なめです

炭水化物抜きとかありますが、制限しすぎるのはよくないと思われます

肉魚はしっかり取ってます

野菜は大好きです、馬のように食べます

あとはお菓子や甘いものは食べません、これはどっちかというと好きじゃないからです

よく意識高い人が街中でなんとかフラペチーノとか片手に歩いてますが、あんなの飲んでたら糖質過多です、ほどほどに

わりと好き嫌いが多いので、このくらいしか意識していません

なるべく毎日いろんなものを食べるようにしています

毎食バランスよくは無理なんで、1日トータルでバランスよく食べるように意識はしていますが

夕食は副菜を2品は並べます

主菜のタンパク質と、あとは煮物と和え物とサラダです

サラダはシーザーサラダにしてレタスをウサギのようにムシャムシャ食べます

旦那はそれだけだと物足りないので、マヨネーズ和えた系のサラダがプラスでつきます

あとはご飯と汁物ですね

昼ごはんは夕飯の残りをお弁当でもっていってます

朝ごはんはフルーツに牛乳にパン、タンパク質欲しいけど仕事の日は作ってる時間ないです

休みの日はスクランブルエッグとか付けます

 

親不知を抜いて

先日書いた通り右下親不知を抜きました

 

その前にも左下親不知を抜いたんですが、その時は1週間痛みが引かず、ロキソニンのみつづけてました

今回もそうなるだろうと想定し抜いた後の休みを多めにとり、無理のないスケジュールを組みました

なぜか今回は痛くない

抜いた日の夜がピークでその後ほとんど痛くなく、ロキソニンも飲みませんでした

同じ下の親不知なのに、その違いってなんなんだろ

 

よく親不知抜くと小顔になるとか肩こり治るとか言いますけど、私はなんの変化もありません

噛み合わせの感じはだいぶ変わった感じはします、歯医者さん曰くきのせいだそうですが

 

能書きはもういいですね

エクセルだパソコンだといっても具体的な例を示していないのに偉そうなことばっかいっても仕方ないですね

ただ表を作ったり計算式入れたりなんていうのは、基本的なエクセルの使い方なんですが

それよりも一歩進んだ使い方をしていくべきだと思います

いや、今時の栄養士はみんなやってるよっていうんならすみません

 

納品業者さんに発注書送りますね

最近、特にわりと大手の業者さんの場合、業者さん指定の発注書渡されて、これに書いてファックスしてください、なんて言われます

普通は献立作成ソフトで作った発注書から出力した発注書をそのまま送れればいいんですが、専用の発注用紙に書き直せ、というわけです

なので、カタログから業者さんの商品コードを調べて、コードと商品名と個数を書き写して〜っと

これだけで、数十分の作業にはなります

めんどくさい、栄養士はそんなことに時間を使えるほど暇じゃない、しかも手間が増えればその分ミスも増える、ミスしたら文句言われるのは栄養士、めんどくさい

 

というわけで、エクセルを使います

 

まず、業者さん指定の発注書をエクセルでそっくりに作ります

多少フォントが違うとか文字の大きさが違うとかありますが、業者さんが文句を言うことはないと思います自分は言われたことありませんデザインがほぼ一緒なら問題なし

 

発注書シートには関数を入力します

献立作成ソフトの発注書をエクセルで出力します、たぶんほとんどのソフトができると思います

出力した発注書をそっくりそのまま発注書のどこかに貼り付けて、あとはマクロとか使ったり関数入力したり、必要なことを入力しておけばあっという間に業者さん指定そっくり発注書に入力されます

たぶんこの作業で2分くらいです、しかも絶対ミスしない

 

でもまぁこの作業ができるまでにそっくり発注書作ったり関数考えたりいろいろ入力したりするのは結構時間かかります、でも一回使ってしまえば半永久的に使えます

 

前にこんな話をペラペラ喋ってたら、栄養士さんに私の分も作って〜とか、業者さんからもいろんなパターンで作ってもらえないですかとか言われました

嫌です、自分の仕事を楽にするために作ってるものであってなんで他人やら業者のために作らないといけないんだという感じです

 

発注作業に携わっている世の中の栄養士さん、全く参考にならないかもしれませんが、こんな使い方したら楽になるよってことでした

 

パソコンで仕事にこだわる理由

なんでそこまでエクセルで仕事したがるかって、それは私がとても面倒くさがりやな性格だからです

いちいち紙に書いて管理して、修正するときは修正テープで書き直して、なんてやってられん

しかもミスする確率が断然高い

ある意味アナログな作業をいつまでも好む方はとても根気と集中力があると思います

 

ちなみにいろいろな職場で仕事の引き継ぎをされる場合、非常にアナログな場合が多いです

ここは電卓で計算して記入してね、とか

これはこの形式で書かれているから、こっちの形式で書き直してね、とか

めんどくさくてやってられん

んで、これエクセルでやれば数時間かかる作業が2分ですよ、ほらこの通りってやります

だいたいそうすると怒られます

これは今まで先輩から受け継いで来た伝統的なやり方なんだから、とか

アナログな作業が理解できてないとデジタルな作業はできないの、とか言われるわけです

いや、私なんかはいかに速く正確に仕事ができればいいんじゃないかと思うんですが

世の中の栄養士はみんな忙しいんだから、もうちょっと楽すること考えた方がいいと思うのは私だけでしょうか